鳥取シロイカ釣り、ひかり丸でオモリグ釣法実践!

クーラーボックスを洗うのを次の日にしてしまいがちです。
小判です。

先日、鳥取のひかり丸さんでイカ釣り行ってきました。

今回は、オモリグを本格的にやろうと挑みました。

関連記事ケンサキイカ(シロイカ)を釣るイカメタル釣法のひとつオモリグ釣法とは?

オモリグ用で購入したタックル


明るい内は底にいると聞くので、底を重点的に攻めると、ちっちゃいコウイカが4杯連発。

コウイカ釣りやったかと錯覚してしまいました。

底攻めすぎました。

その後、明かりがつき7時半ぐらいからポツポツ釣れ始めた。

この日は、大体20回しゃくり後ステイ、5回しゃくりステイ、あたりがなければさらに5回しゃくりみたいなパターンで釣れました。
釣れる棚を見つけられれば、オモリグでいい感じで連発します。

途中サゴシカッターによって3回ぐらいラインを切られてしまいました。
周りの人も結構な確率でサゴシカッターを食らってました。
いい調子の時にサゴシカッターはやってきます。サゴシ対策はかなり重要です。

仕掛けにかなりの時間をとられてしまいました。
エギとオモリのを失うのも痛い。


最終39杯でフィニッシュ。
数は伸びなかったですが、かなりオモリグという釣り方を学べる釣行となりました。

かなり楽しかったです。
皆様もオモリグぜひ。
ケンサキイカ(シロイカ)を釣るイカメタル釣法のひとつオモリグ釣法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です