明石で船タコ釣りに行く。

ここ2、3日、口呼吸で寝てるのと花粉か何か分からないものに影響されて鼻と喉の境目が痛く、痰がでます。
小判です。
今回はシーズン始まったばかりの明石の船タコ釣りに行って来ました。
釣り船リタックルさんにお世話になりました。
明石海峡の激しい潮流にもまれた、弾力ある歯応えと旨味が特徴の明石のマダコ。
釣って楽しい。
食べて美味しい。
惚れてまうやろー。

明石タコ釣りタックル

竿は先は程よく曲がり、胴は張り付いたタコを剥がせるパワーがあるものが理想です。船タコ専用をオススメしますが、ジギングロッドでも代用は可能だと思います。あくまで小判の個人的見解です。

FUNETATSU 明石タコ 180 テイルウォーク(tailwalk) ベイトリール ELAN WIDE POWER PLUS 71L

明石タコ釣り仕掛け

明石タコ釣りの仕掛け PE3号、ショックリーダー8号ぐらい。
船長に確認。
ラインの太さが周りと違うとお祭りの原因になるので注意。
基本はタコエギを2個に重り50号を付ける仕掛けが主流です。
エギ3個やその他付属などありますが、船によって重りの重さや制約があるので確認しましょう。

明石タコ釣りの釣り方、コツ

底取りをして重りを浮かさない状態で竿を細かくしゃくりエギをアクションさせる。重りは船が流れるので引きずる感じ。
タコが乗るとグーッと重くなったり違和感を感じますので慌てず一呼吸置いてから体全体で大きく合わせます。
タコが乗っていたら重さを感じるので一定の速度で巻き上げます。
ポンピングをするとかえしの付いていないエギの針はバラしやすいので注意。
大物はタモを用意してもらいましょう。

渋い。。。タコさん釣れてください。

六時出船。
こんな感じでテンションはアゲアゲです。
小判の仕掛け。

まずはこんな感じでスタート。
十数メートルの浅場から始まったが、なかなか船中釣れません。
嫌な空気が漂う中。
後輩のYくんがヒット。


その後Kさんも。


その後沈黙。
八時半ぐらいになり。
少し深場、30〜60mぐらいのポイント。
すると、小判にもヒット。


爆釣タイムはなかったですが、船中ポツポツ釣れて。


今日のヒットエギ。

HARIMITSU(ハリミツ) 蛸墨族 ホワイトグロー 25g VE-66


十一時半納竿。
小判は7杯。
状況は厳しかったけど楽しめました。
今からタコ釣り本格シーズン突入なので皆様も是非挑戦して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です