【穴子(アナゴ)釣り入門】夏の夜に涼みながら出来る楽しい釣り!!

1.基礎編

アナゴ

1−1.アナゴ釣りとはどんな釣り?

アナゴは、漁港などでもお手軽に狙える身近なターゲットです。たまにはゆっくり落ち着いた釣りをしたい、初心者でも釣れる簡単な釣り、食べても美味しい魚、全てが穴子釣りでは堪能出来ます。アワセのタイミングなど穴子とのやりとりも意外と楽しめる釣りです。

1−2.メインターゲットのアナゴとは?

日本で釣れるアナゴは、代表的なのは【マアナゴ】【クロアナゴ】です。

【マアナゴ】はオス全長40cm、メス90cmほどで北海道以南から東シナ海まで分布し浅い海の砂泥底に生息する日本では寿司、天ぷら、蒲焼などで料理させる。大型の物は伝助穴子と呼ばれます。

【クロアナゴ 】は南太平洋沿岸の岩礁帯にすみます。マアナゴと姿は似ていますがマアナゴより大型で黒っぽいのが特徴です。マアナゴより味は落ちると言われています。

1−3.穴子(アナゴ)釣りの時期(シーズン)・時間

日没前後からの夜釣り

1年中釣れますが、6月〜9月ぐらいがベストシーズンです。涼みながらゆったり釣りが出来る暖かい夏の夜がおすすめです。冬場は夏場より大型が釣れる確率が上がります。アナゴ釣りは夜釣りです。時間帯は、日没から21時ぐらいが狙い目です。それ以降でも釣れます。潮や状況で釣れる時間帯に一気にアタリが出たり、全くアタらない時間帯もあります。

姫路網干港周辺で穴子(アナゴ)を釣る。伝助穴子ゲットなるか、、、
姫路一万トン岸壁でアナゴ釣り!!

1−4.釣り場

堤防

狙うポイントは、砂泥底の漁港内や波止や堤防です。外海のきれいな砂底よりは漁港内は数釣り出来る印象があります。漁港内にある船の通り道や魚市場前(アラなど餌が豊富)など奥まった所も好ポイントです。岸壁の足元やちょい投げで狙います。

2.準備編

アナゴ

2−1.タックル選び

基本はどんな竿、リールでもOK。僕自身、傷がついても良い安い竿、安いリールで2、3セット持っていきます。竿先は柔らかい竿の方がアタリが分かりやすいので良いと思います。

持って行く本数は管理できる2、3本ぐらいがオススメです。中には5本ぐらい持っていく人もいます。それはレベルに合わせて考えましょう。

2−2.仕掛け

市販の仕掛けも売っていますし、自分でも簡単に仕掛けを作ることも出来ます。プラスで光るチューブやビーズなどド派手な仕掛けをする方もいます。僕自身はシンプルな仕掛けでも十分釣る事ができると思っている派です。穴子釣りにハマった人は自分なりの仕掛けを考えるのも一つの楽しみになるかもしれません。

↓自分の仕掛け、、、、、しょぼい、けど十分釣れます。

シンプルな仕掛け

暗闇でアタリをとるのは難しいので、鈴やケミホタルを竿先につけましょう!

2−3.餌

サンマ、イワシ、サバ、イカなどの切り身やキビナゴ、イソメ、などです。オススメは餌持ちの良い魚の切り身です。スーパーなどでも簡単に調達出来ます。

2−4.その他必要な道具

ヘッドライト、虫よけスプレー、タオルは絶対、水槽バケツなどあった方がいいです。

3.実釣編

アナゴ

3−1.釣り方

基本は足下やちょい投げで釣ります。1本はちょい投げ、1本は足元、みたいな感じで釣れるポイントを探しましょう。

アタリが出たポイントには沢山のアナゴがいる可能性が高いのでその近辺を狙ってみてください。

置き竿で釣るのが一般的ですが、誘いをいれるのが有効な場合もあります。

下記記事は、アタリがありゆっくり誘うと食いついて来て釣れた記事です。

姫路妻鹿漁港で穴子(アナゴ)釣り!!

アタリがなくても定期的にエサの状況や仕掛けの確認を行った方が良いと思います。
まれに、アタリなくアナゴが食いついているなんて事もあります。
エサもボロボロになる前に交換しましょう!

アタリは様々なアタリがあります。

鈴がリンリン激しくなるような大きなアタリから、全く音がしないけどなんか怪しい竿先の動き、アタリも状況によって様々で、焦って上げて釣れる場合もあれば、しっかり待ってからアワセないとかからない場合など様々です。

最近の僕自身のアワセはアタリがあればゆっくり竿を上げて重みがあればアワセて軽ければ軽く誘いを入れてもう一度アタリを待つ方法を試しています。

アワセのタイミングも色々試してみましょう

3−2.持ち帰り方

アナゴが釣れたら、タオルでつかんで針を外します。

ヌルヌルなのでタオルは必要です。針を飲まれている場合は切って仕掛けを作り直しましょう。

バケツや水槽に入れて泳がせておくか、首の後ろぐらいの脊髄を切って絞めます。切りすぎると調理の時に調理しにくくなるので注意。

3−3.調理

初めてさばいたアナゴ

アナゴを調理するってハードル高そうですが、意外と誰でも出来ます。

木のまな板と目打ち(釘)があれば素人でもなんとか捌けると思います。

僕も100均で木のまな板と目打ちを買ってユーチューブでお勉強すればそれなりにさばくことが出来ました。

釣ったアナゴは驚くほどの美味しさでした。蒲焼、白焼き、天ぷらなど食べる楽しみも半端ないです。

まったりとした楽しい釣り、アナゴ釣りに行こう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です